全身脱毛施術当日の入浴について

脱毛サロンや美容外科クリニックでの全身脱毛施術では、出力の違いはありますがどちらも毛根を焼き潰す時の熱で、皮膚に軽い火傷のような症状を起こしてます。いくら施術後に麻酔クリームや冷却ジェルでアイシングケアや保湿ケアをしたとしても肌細胞には、炎天下で日焼けした時のようにダメージが残ってます。全身脱毛施術を受けた当日は、日焼けをした時と同じように入浴して湯船に入ることは避けるべきです。

なぜなら、熱いお湯に入ってしまうと、折角肌のアフターケアでアイシングして熱を冷ましたのに、湯船に浸かることでまた熱を蓄積してしまうからです。その理由から美肌効果がある温泉や、肌のデトックス効果のあるサウナも美容に良さそうですが数日間は止めた方がいいです。

さらに施術当日の肌は非常にダメージを受けていて敏感になっているので、湯船の中に繁殖した雑菌でも刺激を受けやすくなっています。例えぬるま湯であっても湯船の雑菌で肌が可能する恐れがあるので、ぬるま湯のシャワーを浴びるだけにとどめた方がいいです。入浴時に身体を洗う場合も、垢すりタオルや粗いスポンジで強くゴシゴシ擦ると肌に負担が掛かってしまいます。

身体を洗う場合には、石鹸やボディソープをよく泡立ててから、その泡を手にのせて優しく撫でるように洗い優しくぬるま湯で流すだけにとどめた方が安全です。施術当日のぬるま湯シャワーでの入浴後には脱毛後の肌のアフターケアのためにコマメに、保湿クリームを塗って肌の保湿ケアをする事も大切です。